utopia

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 黎明のレクイエム □

第5章 歯車は咬み合わずとも、動き出す4

第5章【歯車は咬み合わずとも、動き出す】4



「どうするんです、ジャウー」
国軍兵舎の一階、国軍総帥のための司令室として設けられたその室。
ジャウーの斜め後ろ、扉の傍に立った痩躯の男がゆったりとした声でその背に問うた。
「なにをだ」
ジャウーの気のない返事にも、男は気を悪くするそぶりも見せずゆるく微笑んだ。
「…知っているんでしょう。覇王の砦の、傭兵団」
「…お前こそ気になっているんだろう、ロイ。古巣だろう」
厭味のように云われても、彼は落ち着き払ったままで緋い瞳を細める。
「昔の話です」
「でも事実に変わりない、そうだろう。ランゼ軍の幹部はランゼとその妻、ロディ以外は死亡が確認されていない」
ジャウーはそう云って、ロイのその表情を窺い見るべくふり向いた。
彼は飄々として立っている。瞳が大きく、首が細く、うしろでまとめた銀の長い髪はやわらかく癖をもつ。年齢よりもかなり若く見える貌立ち。男と女と、壮年と青年と、その間に曖昧に存在する、そんな印象を与える。
「…あなたは俺がまた、裏切るとでも?」
残念がるでもなく、まるで面白がっているようなその表情。薄い笑みが広がる。
「…さあな」
いつまでもよく解らない男だ、とジャウーは思った。自分に勝る狂気を秘めた、おそろしい男だ、とも思う。甘く見られない。実力では自分が遥か上を行くのに、だ。
「俺はランゼの狂気に惹かれてついていったんです。軍内で、上官ふたりを斬り殺した、あの…。でも、女だ、家族だ、そんなものに心を燃やす連中ばかりだった。ランゼでさえも」
淡々と言葉を並べるロイの瞳には、怒りに似た感情が存在するはずだ。燃える色はその緋(あか)に紛れて息をひそめる。
「だから俺はあなたに忠誠を誓っているのですよ。女にも家族にも現を抜かさない、狂気の獣の、あなたに」
「…酷い云われようだな」
ジャウーは苦笑する。
「褒め言葉です」
ふん、とジャウーは鼻で笑ってロイから瞳を背けた。そのジャウーを見ながら、ロイは薄く微笑む。
「…まだ様子を見てやる。奴らが傭兵団でいるうちはな。どうせ、時機を見て反乱に乗り出す気だろう。そのときには…思い知らせてやるさ」
ジャウーの唇の端が釣り上がる。獲物を眼の前にぶら下げられて、さあ飛び掛ろうとする獣のそれだ。
「……彼らを踊らせておいて、政府…国王と親衛たちを陥れるおつもりでしょう」
わざとわずかに声を潜めて、ロイが云った。その言葉に、ジャウーは喉の奥で笑う。
「…良い部下を持ったものだ。…賢くて、邪悪だ」
「…褒め言葉でしょうか?」
「ああ」
「…有難く」
ロイの笑みを含んだ声。
ジャウーは窓の外に眼を向ける。ちょうどそこに、レディアス国王子、シェイが薄灰のマントを靡かせて颯爽と通り過ぎた。
母似の端麗な面に、父譲りの薄紫の瞳は真っ直ぐ前を見据えこちらをふり向くことはなかった。
若い頃のアギレスに似た、高慢な眼差しを思い出す。
「…それに比べて」
呟くように云う。
「国王といい、王子といい、愚かなものだな」
揃いの容姿のふたりを思い出す。
「国王はといえばまるでやる気がない…なのに王子ときたらやたらと自信ありげなことよ」
5年ほど前まで気楽な瞳を。それから影を落としたような瞳を。若いそれは辛苦を知らない無知な。
それでも見る者を惹きつけるような薄紫の色。
高貴に映るそれがジャウーは気に入らない。
「…仕方のないことですよ。……彼らも、家族だの、そんなものに縋っている人種に過ぎない」
ひと呼吸のあと、ジャウーは緩慢に返事をした。
「…そうだな」
「そうです。彼らが生温いから、覇王戦争後にはせっかく壊滅させた東地区も自治群になってしまった。南も結局力を取り戻し…北自治群には自由を赦しすぎています。国を立て直そうと思えば…すべて壊して、本当の覇王となって一から積みなおすべき、と思いませんか。そのためにはいくつでも血と命を捧げるべきです」
ロイの言葉を聴き、ジャウーは喉の奥で、くくっ、と笑った。
「……やっぱり気にしてるんじゃないか」
笑みを浮かべてふり向いたジャウーに、ロイは不快そうに眉を寄せた。それを見ながら、ジャウーはまた嗜虐的に笑う。
「いつになく饒舌だな、ロイ」
「…そうでしょうか」
すこしむっとした表情がジャウーの嗜虐心を誘う。
「…それでいい。そうやって、昂って、狂気に侵される様が美しいのだ」
覇王戦争時の寝返り以降、監視を兼ねて傍に置いているこの部下を、ジャウーは気に入っている。
ジャウーの銀の双眸が、食い尽くそうとする獰猛な獣のそれのように、ぎらついた。




→ BACK
→ NEXT

5章、完結です。登場人物紹介の方が先行したジャウーとロイです!
いろいろ疑わしいことがあろうかと思いますが…それは今後、明かされる、かも知れない、ということで。
6章へ。
おつきあいありがとうございました!
スポンサーサイト


→ 「黎明のレクイエム」目次へ戻る
*    *    *

Information

!-- FC2カウンター ここから -->
にほんブログ村 小説ブログへ
↑にほんブログ村へ
←黎明のレクイエム、エントリー中。ポチッと優しさわけてくださると感激。
←気に入ったら拍手してやってください。お礼SS【胡桃色の記憶】
+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。